<   2008年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

知人のご好意で The Memorial Tornament に行ってきました。

Columbus, Ohio は Golden Bear で有名な Jack Nicklaus のホームタウン。
そしてそのとなり Dublin市にある Jack Nicklaus 設計の Muirfield Village Golf Club
で、毎年 Memorial Day の週にこの大会は開催される。
この大会、昨年の賞金ランキング上位者とその他の招待選手のみが出場する大会で
そうそうたる面々が訪れるのである。ゴルフ好きにはたまらない大会なのである。
今年は残念ながら Tiger woods は参加しないが、先日、米ツアー初優勝を果たした
今田竜二さんも参戦する。活躍が期待される。

でも行ったのは初日の Memorial Day。 大会当日ではなく練習日。
今日は朝からどんよりとあいにくのお天気で午後から大雨の予報...(涙)
朝早く行ったせいか、ドライビングレンジもガラガラ...(汗;)

f0135371_6522979.jpg


練習グリーンへ。プロの方は本当によくパターの練習をしますね。

f0135371_654309.jpg


誰もラウンドしていないようなので...(汗;)とりあえずコースをブラブラ...

こちらの人は何をしているかというと...

f0135371_6595176.jpg


そうキャディーさん。入念にコースを下調べしています。
この腰に付けているは、距離を測るスコープ。これと歩測で入念に距離を調べていました。

f0135371_701040.jpg


こちらのキャディーさんはグリーンのチェック中。

f0135371_711958.jpg


こちらは Dublin 市のお巡りさん。良いお仕事だな...。

f0135371_715850.jpg


ようやくラウンド中の選手を発見。

f0135371_73797.jpg


キャディーさんとコーチと3人でのラウンド。
コーチがスイングをチェック。

f0135371_754130.jpg


試合当日のピン位置に想定カップを置いてのバンカー練習。
ふわっ、ぴたっと決まります^^ しかしなんて早いグリーンなんでしょう...
プレーしてみたいようなしたくないような...

f0135371_762954.jpg


こういう入念な準備があって初めて、スーパーショットは生まれるんですね。
行き当たりばったりのゴルフを卒業しなくては...あっ写真も...(汗;)

f0135371_78126.jpg

CANON EOS40D EF-S 17-85mm 1:4-5.6 IS USM

大雨の予報だったのに...午後になって晴れてきました...
観客も選手も増えてきてちょっと賑やかになってきました。
大外れの天気予報のおかげで少し消化不要気味ですが...
龍之介の待つ我が家に帰るとしましょう^^

お目当ての選手には出会えませんでしたが、今回、プロの練習ラウンドを観れたことは
凄くプラスになりました。コースを知って、戦略をきちんと立てること。
より実践的な練習を積むこと。そしてパターの練習をきっちりやること。
ただ行き当たりばったりにコースに出て、適当な距離を打っても、スコアは良くならない
ということが改めて分かりました。

そして手放してしまった大口径望遠レンズが恋しくなる結果に...(爆)
[PR]
ちょっと気分を変えて、クローズアップで龍之介を撮ってみました。

まずは目


f0135371_11154816.jpg



目は母親に似ているみたい

そして口


f0135371_11164482.jpg



鼻から下は僕に似ている。
鼻が上を向いているところも...涙


なかなか手を開いてくれないので...


f0135371_1118927.jpg



手は僕かなぁ...?生命線が長く切れ込んでいるところはそっくり。

足は...


f0135371_11203250.jpg



母親の足。でも踵の形は僕に似ている...。
靴選びに苦労するぞ...(汗;)

おへそ


f0135371_11205774.jpg



へその緒も、あと少しで完全に取れそう^^

最後にまつ毛


f0135371_11215062.jpg

CANON EOS 40D Planar 1,4/50 T* MMJ Extension tube


どうなんでしょう?長いですかね?
イケメンになると良いけど...


親ばか写真に付き合っていただいてありがとうございます^^
[PR]
by handachin | 2008-05-25 11:25 | Ryunosuke

ようやく今回の旅の目的、ピカソ生誕の地にやってきた。

白い村から戻ると、街の中心付近でバスを下車。ピカソ美術館を目指す。


f0135371_938191.jpg



ピカソの息子、パウロの未亡人とその息子から寄贈された作品がメインのこの美術館。
地元だから凄い作品が揃っているのかと思ったが、そういう訳ではなかった。
その代わり、他の美術館にある展示とはまた違った、どこか身近な感じのする展示だった。
なんというか、故郷に帰ってきたときの力の抜けたリラックスできる感じ。


美術館を出て、ピカソの生家へ。

ここは美術館ではなく、博物館と言った感じ。ピカソの写真が妙に印象的であった。
ここは跡地なので実際の生家ではないようだが、目の前にあるメルセー広場は
幼少時代のピカソの遊び場だった場所。この広場の鳩を思い出して娘にパロマ(鳩)と
名づけたというエピソードがあるらしい。


f0135371_9494617.jpg



メルセー広場では鳩ではなくて、でれ~んとした犬を見付けた。
この犬、とぼけた顔で見つめてくるのだが、カメラを向けると目をそらす...
で、カメラをそらすとまたこちらを見つめてくる。とぼけた顔で。
仕方ないので、カメラから目を外して、そのままノーファインダーでパチリ。
するとちょっとビックリしてから、ため息をついて寝てしまった。
カメラ嫌いな犬みたいだ。


f0135371_9533183.jpg

CONTAX S2 Planar 1,4/50 T* MMJ Distagon 2,8/35 T* AEJ RVP100F


コスタ・デル・ソルの中心地であるマラガは、南国ムードのどこかゆったりとした街。
僕はこの街の雰囲気が凄く気に入ってしまい、とにかく歩き回った。
それほど大きな街ではないが、街の端から端まで無心になって歩き回った。
とにかく暑くて、汗をいっぱいかいた。でもすぐに乾いてしまうから不思議。
すぐに乾くので服は問題なかったが、カメラの革は汗でふやけて剥がれてしまった。


なのにこの街では写真をあまり撮っていない。
街の隅々まで、今でも鮮明に覚えているのに、何故か写真がないのだ。
カメラを握り締めながら、ひたすら汗を流しながら歩き回っていたみたいだ。
旅の中疲れだったのだろうか、不思議なもんである。
[PR]
by handachin | 2008-05-24 10:01 | 2005_Spain
グラナダからバスに乗ってマラガを目指す。

バスは乾いた田舎道をひた走り、ようやく海辺の街にやってきた。
マラガのバスターミナルに到着すると、ホテルにまずチェックイン。
荷物を降ろすとバスターミナルに戻り、ネルハ行きのバスに乗り込む。
海沿いの道を走ること1時間、ネルハのバス停に到着。
すぐに今回の目的地、FRIGILIANA(フリフィリアナ)行きのバスに乗り込んだ。

くねくねとした坂道を登ること20分、ようやくその白い村に辿りついた。

スペインで一番美しい村に選ばれたこともあるこの村は、どこを観ても
まるで絵はがきでも観ているようだ。とにかく明るく、溢れんばかりの花で
飾られた細い路地は、旅の疲れも忘れてとても清々しい気分になれる。


カメラの露出計をあまり気にせず、晴天の露出に合わせてバシバシやった。
仕上がりが楽しみで楽しみでしょうがないぐらい、この日の撮影は楽しかった。



しかしこの村、白過ぎた...(爆)



フィルム上がりを見て唖然、ことごとく白飛びしている...
なれないフィルムを使ったせいもあるかもしれない。
ちゃんと一枚一枚、露出を合わせて丁寧に撮るべきだった...
いくら反省しても、念力をかけても、白い壁のディテールは浮き上がってこなかった。
こういう失敗が多過ぎるなぁ...情けない(涙)


お見苦しいですが...数カットだけ。


f0135371_1132629.jpg



f0135371_110416.jpg



f0135371_111275.jpg



f0135371_1112080.jpg



f0135371_1113660.jpg

CONTAX S2 Planar 1,4/50 T* MMJ Distagon 2,8/35 T* AEJ FORTIA SP
[PR]
by handachin | 2008-05-20 11:10 | 2005_Spain
明日帰国する母親を連れて IKEA 見学へ...

ん?帰国するのに IKEA に行ってどうするの?まぁそういう意見もありますが(汗;)
他に行くところも無く...何はともあれ IKEA へ...

何だかんだと龍之介関連グッツを買い漁りました(汗;)


さて、食いしん坊の僕が IKEA で一番気に入っている場所...


f0135371_10185273.jpg



そうそれは...


f0135371_1074854.jpg



IKEA レストラン!

薄味で、値段も安くとても気に入ってます^^

本日もお気に入りの Swedish Meatball


f0135371_1014651.jpg



ふ~ぅ、満腹です


f0135371_10142431.jpg



僕の親ばかぶりを知ってか知らずか龍之介は上機嫌


f0135371_10155657.jpg

CANON EOS40D EF-S 17-85/4-5.6 IS USM


おかげさまで、明日で生後2週間になります^^


親ばか写真ばかりでなく、そろそろ旅写真に戻りたいと思います(汗;)
[PR]
今日家に帰ると...龍之介の機嫌が悪い...

生後9日の息子に睨まれてしまった...


f0135371_9392629.jpg



オムツを換え、いろいろあやしてみるもののどれも駄目だ...
お気に入りのスイングチェアーに載せて見る...やっぱり機嫌が悪い。

しつこくカメラを向けるとファイティングポーズ...まさか...やる気か?(汗;)


f0135371_9421310.jpg



そこで作戦を変えて、ひたすら褒めることに。

「カッコ良く撮ってあげるから、良い顔して!」

「あぁ~、いいねぇ~カッコイイねぇ~!」

「最高だよ!」

するとちょっと意外な反応...


f0135371_9441449.jpg



さらに褒め続けると...


f0135371_9445627.jpg



笑った^^


スミマセン、はい、親ばかです(汗;)

CANON EOS40D Planar 1,4/50 T* MMJ
[PR]
by handachin | 2008-05-15 09:49 | Ryunosuke
こどもの日の午前3時、僕は一児の父となった。

くるりと体を回しながら、彼は母親の体からするりと出てきた。
生れ落ちた瞬間、全身を震わせながら大きな産声を上げ、
口の中の羊水を吸引されると、彼は母親の胸の上に置かれた。
僕はへその緒にはさみを入れ、母親と彼とを切り離すと
彼は立派な赤ちゃんとなった。

僕らは彼に「龍之介」と名付けた。

一通りの処置が終わると、龍之介は再び母親の胸に戻され
肌と肌でお互いを認識する。まさに生命の神秘である。

地球単位で見れば、日常的に繰り返される光景。
しかし我が家にとっては確実に一大事だ。

妊娠してからずっと、本当に良く頑張ってくれた妻に感謝し、
我が家に元気に生まれてきてくれた龍之介に感謝し、
周りで支えてくれた人々に感謝をすると、僕は家族のために
頑張っていこうと、そう心に誓った。

赤ちゃんというのは本当に不思議なもので、生まれてから
刻々と顔が変わっていく。ちょっとまた顔が変わってきたと
思って写真を撮ると、また一時間もすると顔が変わってる。
おまけにいろんな表情をするのでいくら写真を撮っても
撮っても撮り足りない。暗い部屋でピントに苦労しながら
2日後の退院まで、何枚も何枚も僕は写真を撮り続けた。

もう可愛くて仕方がない...夜、1時間おきに泣き叫ぶ、
まるで怪獣のようなところも可愛くて仕方ない。
親バカなのは分かっているけど、多分、二枚目だ(笑)

生後2日とは思えない顔立ちでしょ?

f0135371_7274048.jpg

CONTAX RX2 Planar 1,4/50 T* AEJ PRO400H
[PR]
by handachin | 2008-05-10 07:30 | Ryunosuke
グラナダはアルハンブラ宮殿で知られる街。

グラナダのバスターミナルに到着すると、市バスに乗り換えてホテル付近まで移動する。
ホテルはカテドラルのすぐ脇。カテドラル方面のバスに乗り込む。
市バスのルートマップを手にアナウンスを聞こうと試みるが、さっぱりチンプンカンプン。
バスは街中に向かうはずだが、なんとなく外れていっている気がする...

どうにも不安になり隣のおばさまにマップを見せながら今どの辺を走っているのか聞いてみる。
おばさまはニッコリと微笑んで優雅に現在位置を指差してくれた。とりあえずバスと方向は
間違っていなかったようだ。一安心...。カテドラル付近でボタンを押してバスを降りる。

しかしカテドラルの付近で降りたつもりがちょっと早く降りすぎたようだ...

街の真ん中をスーツケースをゴロゴロやりながらカテドラルまで歩く。

しかし例外なくここも暑い...霧状の噴水が暑さを和らげてくれる^^

f0135371_2212143.jpg


ホテル予約サイトの地図によると、ホテルの場所はカテドラルのすぐ脇。
カテドラルの周りをまたゴロゴロ、コトコトやる。しかしいくら探してもホテルがある気配がない...
たまたま通りかかった警官にホテル予約サイトのコンファメーションを見せるとあっさり
「道の反対側」と一言。ふと見上げると郵便局...そう、ホテルの住所は私書箱だったのだ。
ホテルは大通りを挟んで反対側の一本入ったところだった。

無事ホテルにチェックインして、アルハンブラ宮殿を目指す。
アルハンブラ宮殿は入場規制のため、あらかじめ訪問日時を指定して予約しなければならない。
チケットオフィスに行って予約してあったチケットを購入する。しかし混雑しているらしく
時間になっても門が開かない...またしばらく待たされる...

前置きが長くなりましたが、やっと宮殿に到着。
宮殿にたどり着くまでの間、いろいろと撮るものがあってなかなか辿り着きません...

f0135371_22221973.jpg


そしてナスル朝宮殿

f0135371_22234520.jpg


外見は無骨な造りですが、内部はイスラム建築の幻想的な光景が広がっているのでした。

f0135371_22244161.jpg


f0135371_2225446.jpg


f0135371_22252241.jpg


微笑ましいですね

f0135371_22282813.jpg


ここは住居跡のようです。迷路のよう...

f0135371_22255441.jpg


アルカサバ

f0135371_22264317.jpg

CONTAX S2 167MT Planar 1,4/50 T* MMJ Distagon 2,8/35 T* AEJ RVP100F 400-PR

キリスト教の厳重な雰囲気と違い、イスラム教は明るくて華やかな印象。
歴史の重みであるとか重苦しい感じはあまり強く受けなかった。
あっさりと明るい気分でアルハンブラ宮殿を下った。
[PR]
by handachin | 2008-05-03 22:40 | 2005_Spain
これまで毎日更新!と頑張って(というか楽しんで^^)来ましたが、しばらくゴタゴタしそうなんです。
しばらくの間、ブログの更新が不定期になるかと思います。コメントへのレス、皆様へのご訪問も
遅れると思いますがお許しください。また落ち着いたらパワフルに更新して参ります!

f0135371_10403621.jpg

Hasselblad 503CX Planar 2,8/80CF T* RAP100F

やっぱり花はムツカシイ...
[PR]
朝目覚めてもフラメンコの感動がまだ残っている。

まだ暗いうちにシャワーを浴びて、荷物を詰め込む。
グラナダ行きのバスに乗るため、早朝にホテルをチェックアウト。

ホテルを出るとヒンヤリとした石の匂いがする。とても静かな朝だ。

f0135371_10222161.jpg


スーツケースをゴロゴロと引きながらバス停まで移動する。
静かなモスクにスーツケースの足音がこだまする。

バス停で朝一の市バスを待つ。
燃えるような朝焼け。とても印象的な朝だ。

f0135371_10224312.jpg

CONTAX S2 167MT Planar 1,4/50 T* MMJ Distagon 2,8/35 T* AEJ RVP100F

バスターミナルでグラナダ行きのバスに乗り換え。グラナダまではバスで3時間の旅だ。
[PR]
by handachin | 2008-05-01 10:28 | 2005_Spain