<   2008年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

メスキータから出ると、外の眩しさに少々やられる。

午後はゆっくりとコルトバの街を散策することにする。

ビアナ宮殿近くの広場で

f0135371_10433830.jpg


牛の角にポットボトルが刺さってるの、判りました?

灯火のキリスト広場。夜になるとろうそくに灯がともって綺麗なんだろうなぁ...

f0135371_10452090.jpg


デンディーリャス広場は商店街の中心といったところ。
ギターフェスティバル?惹かれますね。

f0135371_11114924.jpg


アンダルシア地方はフラメンコ発祥の地。
ここコルトバにもフラメンコが聞けるタブラオがいくつもある。

ということで、やってきましたフラメンコ。実はこれ、凄く楽しみにしてたんです。
結局モノにはなりませんでしたが、フラメンコギターを買って練習した時期もあり
本場のフラメンコがどうしても聞いてみたかったのだ。

開演時間になると照明が静かに落とされ、ギタリストが静かな旋律を奏で始める。
そして歌い手が登場してフラメンコ独特の乾いた声で歌い始める。
そこに手拍子が加わり盛り上がってくると、最初の踊り子が登場する。

f0135371_10552759.jpg


なんとも情熱的で胸が高鳴る

一人の踊り子が出てきては下がり、また別の踊り子が登場する。
一通り出演者が出揃うと、今度は何人かで踊りがある。

f0135371_1058553.jpg


この男性の踊りがまたキリッとしていてカッコイイ!

f0135371_1103368.jpg


最後は出演者総出、観客も手拍子で参加して大盛り上がり。

f0135371_118582.jpg

CONTAX S2 167MT Planar 1,4/50 T* MMJ Distagon 2,8/35 T* AEJ RVP100F RDPIII

これはホントに来て良かったと思える舞台でした。
スペインに行ったら是非どうぞ。
[PR]
by handachin | 2008-04-30 11:13 | 2005_Spain
朝早く起きて、メスキータに向かう。

ヨーロッパが暗黒の中世と呼ばれた時代に、イスラム教の伝来によって栄えた街。
メスキータはバクダッドに負けない、新首都にふさわしいモスクを造ろうと建設された。

そう、スペインはキリスト教とイスラム教が勢力争いを演じた舞台。
ヨーロッパの中にあって独特の世界観があるのはそのためなのでしょう。


メスキータの塔を見上げる。

f0135371_1195549.jpg


シュロの門に向かう。

f0135371_1112261.jpg


コルトバを再征服したカトリック教徒によってシュロの門以外はすべて塞がれている。

f0135371_11124568.jpg


実に重厚な門である。

f0135371_11131262.jpg




中に入る...くっ、暗い...外の陽射しとの差が激しく、目が慣れるまで何も見えない...
もともとモスクの中は明るかったらしいが、シュロの門以外の全ての門が塞がれて
しまったため、この暗さなのだそうだ。


徐々に慣れてくると、「円柱の森」と呼ばれる独特の世界が広がっている。

f0135371_11153813.jpg


ただしこれは増築された新しい箇所。光が入っていてなんとか撮れた(汗;)
一番古い部分は、フィルムを400に変えても全然駄目なぐらい暗かったのだ...
デジタルだったら撮れたかも知れない...


壁画の修復をする人を発見。丁寧に丁寧に色を合わせていく。

f0135371_1122977.jpg


カテドラル部分。キリスト教とイスラム教が見事に融合した感じがする。

f0135371_1123266.jpg

CONTAX S2 167MT Planar 1,4/50 T* MMJ Distagon 2,8/35 T* AEJ RVP100F 400-PR
[PR]
by handachin | 2008-04-29 11:31 | 2005_Spain
マドリッドからAVEで1時間40分、コルトバの駅に到着。

AVEというのはスペインの新幹線で、1等のPrefenteに乗ると食事が出たりして
飛行機のような快適さ!と聞いて、これに乗ってみたくなった。

これは予断だが、アトーチャ駅のいわゆる緑の窓口で切符を買うときには注意が必要。
整理券をとって呼ばれるのを待つのだが...窓口の数も少なく、RENFEの職員も
かなりのんびりやっている...。待ちきれずに整理券を叩きつけて帰ってしまう人も
かなりいたが、みな自分よりも大きい数字...結局、僕の場合2時間待たされることになった。

窓口に行き、英語で話しかけると、無言で首を横にゆっくりと大きく振られた。
ちょっとショック...。めげずにネットで調べて印刷してきた時刻表を見せ、この列車の
Prefente!と指差すも首を横に振る...彼は Turista!と一言。仕方なし、Si!と言い
チケットを購入した。

とはいえ、スペイン旅行中に嫌な思いをしたのはこの時ぐらい。みんなそんなに愛想良く
ないけど、ちゃんとやってくれます。大丈夫。


コルトバの駅に着くと、メスキータ付近まで市バスで移動し、メスキータのすぐ脇にある
ホテルにチェックイン。早速市内探索を開始する。

メスキータとはイスラムのモスク。そしてその北側にはユダヤ人街が広がっていて写真
スポットとして有名な花の小道がある。とりあえずそこに行ってみる^^


う~ん、ガイドブック写真になってしまう...四苦八苦したが結局中途半端な絵に...

f0135371_1163921.jpg


f0135371_117666.jpg


子供を連れていろんなところに行くのが夢^^

f0135371_1172854.jpg


しばらく行くと...象?

f0135371_11131935.jpg


ホテルの裏手、窓から見える景色が気になりやってきた。

f0135371_11151259.jpg


陽が落ちてきて街も良い雰囲気に...

f0135371_1114469.jpg


メスキータの南、ローマ橋にやってきました。

f0135371_1116337.jpg


夕陽に浮かぶメスキータを眺める。

f0135371_11165846.jpg

CONTAX S2 167MT Planar 1,4/50 T* MMJ Distagon 2,8/35 T* AEJ RVP100F

翌朝のメスキータが楽しみだ^^
[PR]
by handachin | 2008-04-28 11:19 | 2005_Spain
だいぶ陽が傾いてきた。強烈な斜光が城塞都市を照らし始める。

完全に陽が沈んで、マジカルアワーが終わるまで、写真を撮り続けたい気分だったが、
明日は電車に乗ってコルトバに移動しなければならない。それには最終バスに乗って
マドリッドまで戻らないといけないのだ。短い期間で広いスペインを回ろうというのだから
仕方ない。名残惜しいが行かなければならない。

f0135371_10212154.jpg


f0135371_10214454.jpg



カテドラルの前を通ると、何やらムービー撮影をしていた。
クレーンを使ってのリモート撮影のようだ。人は乗らないんだ...。
バスの時間を気にしつつ、しばらく見学する。

f0135371_10245035.jpg

CONTAX S2 167MT Planar 1,4/50 T* MMJ Distagon 2,8/35 T* AEJ 400-PR RVP100F
[PR]
by handachin | 2008-04-27 10:27 | 2005_Spain
同じような写真がしばらく続いてしまったので、少し気分転換です。

モノクロで撮ったアビラの街です。こういう歴史ある古い街には、モノクロが合うように思います。

老後はゆっくりと、でもこのおじさんのようにちょっと格好良くありたい。

f0135371_10201893.jpg


石畳のある街は、それだけで趣がありますね。

f0135371_1018860.jpg


城壁に護られている感じ。

f0135371_10185741.jpg


白いシャツと黒いパンツが良く似合う。

f0135371_10193365.jpg


ここに一泊するべきだったか...

f0135371_10221426.jpg

CONTAX S2 167MT Planar 1,4/50 T* MMJ Distagon 2,8/35 T* AEJ 400-PR

スペインの旅、さらっとアップする予定が随分引っ張ってます...
もうしばらくお付き合いください。というか、まだまだ続きます(爆)

写真を整理していたら、いろいろ思い出してきて...また行きたくなってしましました(笑)
[PR]
by handachin | 2008-04-26 10:36 | 2005_Spain
城壁の上を歩いて旧市街の反対側を目指してみる。

カテドラルの裏手、きれいな壁の建物を発見。何の建物なんでしょう?
下に降りて撮れば良かったなぁ...と今思う。

f0135371_10393896.jpg


まだまだ城壁は続きます。

f0135371_1040276.jpg


まだまだ城壁は続くが、この門のところで遊歩道は終わってるみたい...

f0135371_10423486.jpg


展望台からの眺め。スペインで最も完全な形で残る城壁なのだそうだ。
う...逆光が厳しい...(汗;)

f0135371_1044377.jpg


下に降りてみる。門の内側からの眺め。石畳にやっぱり惹かれてしまう。

f0135371_10452829.jpg


城壁の周りも歩いてみる。なかなか雰囲気のある街である。

f0135371_10462083.jpg

CONTAX S2 167MT Planar 1,4/50 T* MMJ, Distagon 2,8/35 T* AEJ RVP100F

石の質感、街の雰囲気、そして乾いた空気でとても気持ちの良い散歩になった。
[PR]
by handachin | 2008-04-25 10:55 | 2005_Spain
陽がちょっと傾いてきた頃、アビラに到着した。

ここアビラも旧市街を城壁で囲まれた、中世の城塞都市だ。その名も「石の町」。

バスターミナルから、ちょっと迷いながらも順調に城壁に辿りつく。
またも細い路地を進むと、突然広場が目の前に現れ、城壁が姿を見せる。

これはアルカサル門。

f0135371_10265277.jpg


階段を上がって城壁の上に出てみる。

f0135371_10271738.jpg


城壁の上に出てきたところ。

f0135371_10273945.jpg


城壁からは旧市街が見渡せる。

f0135371_1028759.jpg


しばし城壁探検。城壁の上を歩いて、旧市街の反対側まで行ってみることにする。

f0135371_10283258.jpg

CONTAX S2 167MT Planar 1,4/50 T* MMJ, Distagon 2,8/35 T* AEJ RVP100F

 
[PR]
by handachin | 2008-04-24 10:29 | 2005_Spain
一本遅い便にしよう。そう決めてゆっくりと城の周りを散策する。

城壁越しのカテドラル。

f0135371_1221488.jpg


この城を城壁の下から観てみたい。城壁の下に続く道を下ってみる。
旧市街とはまた違ってなんとも明るい感じがする。

城壁の下にはちょっとした公園っぽいところがあり、そこの遊歩道を進んでいくと、
城壁の下に出ることが出来る。

あまり近付きすぎてよく見えない...(汗;)

f0135371_12223749.jpg


これは確かに攻められない。

f0135371_1226347.jpg


この辺りからの眺めが一番良いようだ。

f0135371_12263072.jpg


城の周りを通ってバス停まで戻る。
いろいろな角度からアルカサル、カテドラル、そして旧市街を望む。

f0135371_1226526.jpg

CONTAX S2 167MT Planar 1,4/50 T* MMJ, Distagon 2,8/35 T* AEJ RVP100F


バスターミナルに着くとバスの時刻を確認する。マドリッドに帰るのは夜遅くなるが
このまま帰るわけにもいかない。それに、夜10時頃まで明るいし、レストランも
11時頃まで開いている。多少遅くなっても問題ない。

アビラ行きのチケットを買ってバスに乗り込む。
[PR]
by handachin | 2008-04-23 12:30 | 2005_Spain
アルカサルとはスペイン語で城

どこかメルヘンチックなお城を想像してやってきた私だが、何か要塞のようだ。
実際、要塞があったところに城が築かれたそうだ。

城が築かれた後、戦に使われたかは定かではないが、どこか戦いの臭いがする。


f0135371_10361313.jpg



内部には当時の武器などが展示されている。こういう鎧を一度着てみたいけど...

f0135371_1037170.jpg


大砲もある

f0135371_10374388.jpg


ちょっと薄気味悪いけど...何でしょうか、これ?

f0135371_10383359.jpg


少し気分が悪くなってきたので外に出る。王城っぽい花壇を発見^^

f0135371_1040962.jpg


おっ、姫発見(笑)

f0135371_10404199.jpg


井戸の滑車のようです。

f0135371_10413618.jpg

CONTAX S2 167MT Planar 1,4/50 T* MMJ, Distagon 2,8/35 T* AEJ RVP100F


ここまで何事もなく書いてますが...実はここで大きなヘマをしたんです(汗;)

一通り探検を終えた後、強い日差しの外に出る前にフィルムチェンジをしてしまおうと思い
残りのフィルムをカシャカシャやっていると...カウンターが37、38、39...40...(冷汗;)
気づいた時には後の祭り...それでも諦めきれずにフィルムを巻き戻すもあっという間に
巻き終わる。ベロも飲まれてしまった(涙)。なんてこった...

これがもし仕事だったら...僕がもしアシスタントだったら...考えると鳥肌が立つ。
(紛れもなくただの素人だし、ただの観光ですが...)

結局、諦めきれずに元来た道を戻って写真を撮り直す。もうバスの時間には間に合わない。
こうなれば開き直ってゆっくり観よう...そう思うと少し気が楽になった。
[PR]
by handachin | 2008-04-22 10:56 | 2005_Spain
シンデレラ城のモデルになったといわれるアルカサル。

そう呼ばれる城はヨーロッパ各地にあるのでしょうが、確かに「っぽい」。
シンデレラ城自体良く覚えていないけど...こんな感じだったと思う。
それよりも、ヨーロッパの城をまともに見たのが初めてだったので、ちょっと感動した。
ヨーロッパの城巡りの旅というのも良いかも知れない...そう思ってしまった。


f0135371_1003834.jpg


f0135371_101389.jpg


よくこういう所になんとか姫が捕らわれていたりする(笑)

f0135371_1012356.jpg


中に入るとちょっとした広場がある。陽時計がなんか新鮮。

f0135371_102917.jpg


ちょっと絵になる壁。

f0135371_1014558.jpg

CONTAX S2 167MT Planar 1,4/50 T* MMJ, Distagon 2,8/35 T* AEJ RVP100F

お城探検開始...


◆追記
シンデレラ城と記載しましたが、正しくは白雪姫城の間違いでした。
誤った情報を記載してしまい、申し訳ありませんでした。

 
[PR]
by handachin | 2008-04-21 10:04 | 2005_Spain